後ろ肘をフライングエルボーにする理由-ランディ・バース選手のバックスイング

NPBにおけるランディ・バース選手の経歴

ランディ・バース
NPBにおけるシーズン打率の日本記録保持者(.389)であり、史上6人目の三冠王達成者。外国人選手ではNPB史上最多となる2度の三冠王に輝いている。

タイトル
NPB
・首位打者:2回 (1985年、1986年)
・本塁打王:2回 (1985年、1986年)
・打点王:2回(1985年、1986年)
・最高出塁率:2回(1985年、1986年)
・最多安打(当時連盟表彰なし):2回 (1985年、1986年) ※1994年より表彰
・最多勝利打点:1回 (1985年)

NPBその他の記録
・三冠王:2回 (1985年、1986年)※史上6人目
・シーズン最高打率:.389(1986年)(日本記録)
・シーズン40本塁打到達スピード1位タイ: 97試合(1985年)
・25試合連続安打(1983年9月6日 – 1983年10月15日)
・連続試合本塁打:7(1986年6月18日 – 1986年6月26日)(日本記録)
・5試合連続本塁打(1985年4月17日 – 1985年4月22日)
・連続打数本塁打:4(1986年5月31日 – 1986年6月1日)(日本タイ記録)
・連続試合打点:13(1986年6月18日 – 1986年7月4日)(日本記録)
・シーズン最多勝利打点:22(1985年)(日本記録)
・連続試合勝利打点:4(1985年10月9日 – 1985年10月14日)
・オールスターゲーム出場:3回 (1985年 – 1987年

引用元: ウィキペディア
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=YKjPnLm7on4

グリップを下げた反動を利用して,再度グリップを上げ,グリップを上げた反動を利用して,肘を先行させてスイングする

 2度の三冠王に輝き,シーズン最高打率.389の日本記録をもつランディ・バース選手の打撃動作で最も特徴的なのは,彼の最大の長所であるバックスイングです.日本人選手にはあまり見られませんが,ボールを 強く打つためには必須の動作になります.

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=YKjPnLm7on4

 このバックスイングを行う理由は,後ろ肘を背面後方に突き出し,反動を利用して肘を先行させてスイングするためです.いきなり肘を上げるのではなく,いったんグリップの位置を下げて(写真②),その反動を利用して肘(グリップ)を上げます.上方に引っ張ると肘は背面後方に突き出されます.肘 (グリップ)を上げた反動を利用して肘から先行してスイングします.このバックスイング動作を行うためには,後ろ肘を フライングエルボー にしておく必要があります.

 バース選手は,グリップを下げた反動を利用してグリップを再度上げ(背面後方に突き出される),グリップを上げた反動を利用して肘を先行してバットを後方に残したままスイングしています.バース選手がNPBで成績を残せたのも,このバックスイングに負うところが大きいと考えられます.日本人選手にはこのバックスイング動作はなかなかみられず,MLBで活躍できない一因となっています.


フライング・エルボー

 「科学する野球」の著者である村上豊氏は,ボールを強打するために欠かせないバックスイング動作についても解説しています.

写真10 引用元: 村上豊(1987):科学する野球
(実技篇) ,ベースボールマガジン社, p.30   

構えでなぜ後ろ肘をフライング・エルボーにするのか
 この写真⑩のバットの構え方を見ますと,後ろ肘を後ろ横に張って,フライング・エルボーにしていますが,このように後ろワキをあけてもよいものかと思われる人がいるのではないでしょうか.
 そのように思われる人は,多分,脇は締めて打たなければならないのだから,構えのときから脇は締めておかなければいけないと思われているのに違いないと思われます.
 ワキは締めるのではなく,空手打ちを行うことにより締まるのでなければならないのですが,トップハンド側の手と腕の空手打ちは,手より後ろヒジを先行させなければなりません.それには,後ろヒジを構えたときから フライング・エルボーにしておかなければなりません.フライング・エルボー にしないで,後ろヒジを後ろワキ腹にくっつけて構えると,後ろヒジを自由に使うことができないので,後ろヒジより手を先行させて手振りすることになり,空手打ちができなくなります.
 バース選手の打撃動作を見ていただくと,フライング・エルボーの後ろヒジをいかに上うまく使っているかがよくわかると思います.この後ろヒジの使い方を外人特有の動作だといって,わけもなくこのマネをしてはいけないという人がいますが,こういう人は,ただワキを締めて打たなければならないと思い込んでいるだけで,いつ,何のためにワキが締まっていなければならないかという理屈を知っていないものですから,構えのときから後ろワキを締めるために,後ろヒジを後ろワキ腹にくっつけるのが,正しいと思っているようです.
 このように,後ろヒジを後ろワキ腹につけたままですと,後ろヒジを自由に使うかとができません.後ろヒジを使うことができないと,手を使わざるを得なくなりますから,構えからバックスイングに移るのに,手から動かさざるを得なくなります.手から動かすと,手から戻しますから,バックスイングからフォワードスイングへは手振りにならざるを得ません.このような手振りをしないようにするには,後ろヒジを手より先行させて使わなければならないが,それには手を動かさないで,後ろヒジから戻すことがキー・ポイントで,そのためには後ろヒジを自由に使えるように,構えのときから後ろヒジをフライング・エルボーにしておかなければならないということになります.バットを体の前に構えることの非を早く悟ってほしいものです.

引用元:村上豊(1987):科学する野球(実技篇) ,ベースボールマガジン社,pp.30-32,pp.42-43 から抜粋. 

 今ではNPBの選手にも後ろ肘をフライング・エルボーにする選手がみられるようになりましたが,当時は掛布雅之選手のように脇を締めて,バットを体の前に構える選手が多くいました.村上氏はそのような構えでは手から始動するため肘を先行させて打つことができないので,写真10のように後ろ肘をフライング・エルボーにしなければならないとしています.
 また,手から動かすと後ろ脚の膝を曲げて体重移動するため,重心が上下動して視線がブレ,ミートが不正確になることも指摘しています. 写真10の構えではステップするために前足は上がるものの,後ろ肘を上げる動作から入るため,上下動は抑えられます.

バットを体の前に構え ,フライング・エルボーにせず,バックスイングを行う掛布雅之選手.
引用元:村上豊(1987):科学する野球(実技篇) ,ベースボールマガジン社,p.32     

 NPBの選手がフライング・エルボーの構えに移行していることはよいことなのですが,大谷選手を含めて,バース選手のような反動を利用するバックスイングができていないことは残念なところです.日本人野手がMLBで活躍できない一因となっています.

後ろ肘をフライング・エルボーにして,ランディ・バースと同じバックスイングを行うバリー・ボンズ.                                 引用元:YouTube

「人」の形で打つ

村上豊氏の指摘

 本サイトではMLBで活躍する選手が「人」(右打者の場合,「入」)の形で打っていることを度々紹介しています.このことは 「科学する野球」の著者である村上豊氏が 35年前に指摘しています.

引用元:村上豊(1985):科学する野球 (打撃篇) ,ベースボールマガジン社, p.121

インパクトでバットに体重をのせるには
 この,インパクトでバットに体重をのせるというのは,インパクトでバットの運動量を最大にするために,スイングの初期に蓄えたほかの運動量,つまり,腰の捻りで得られたヒップや胴体の運動量を手や腕の振りに移し,バットに移しかえることなのです.
 ですからそのためには,右打者ならば,フォワードスイングで左体側が捻りきられて,もうそれ以上捻られなくなったところで体の動きを止めて,いわゆる「左の壁」(右打者)を作らなければいけないのです.体の捻りが止まるから,これまでの体の運動量をバットに移しかえることができ,バットの走りがよくなるわけです.
 「左サイドに壁をつくれ」といわれているが,これは体の運動量をバットの撃芯に移しかえるためであって,そのためには,後ろ足にかけていた体重を前足に移しかえなければならないのです.
 あの長嶋選手でさえも,体重が後ろ足から前足に乗り移っていません.体重を両足の真ん中に落とし,左肩と左足とを結ぶ線上に左腰を乗せていないから,「左の壁」が完全にできていません.これは,前足をステップしても後ろ足に体重を残し,体の中心で腰を回転させ,前腰を後ろに引いてしまうからなのです.
 アメリカの選手は体重を前足に移して,前方・前腰・前足を一直線にして,完璧な「右の壁」(左打者)を作っています.日本の打者の打球のスピードが彼等に劣るのは,もはや体力の差ではなくて,この壁を作ることができなくて,腰から打てていないからなのです.
 それを,日本の野球界の指導者たちは,アメリカの選手のようにステップした前足に体重を移すと変化球が打てないから,体重は後ろ足にタメたまま打たないといけない,といった屁理屈を述べて指導するものだから,日本の打撃技術はいっこうに上達しないのです.

引用元:村上豊(1986):科学する野球 (実践篇) ,ベースボールマガジン社, pp.172-174 より抜粋.

 村上氏は,ステップした前足に体重を完全に移して,右打者の場合 「左の壁」を作ることにより, スイングの初期に蓄えたほかの運動量をバットに移しかえることができると述べています.これはステップに伴う運動エネルギーを前足着地後に体を止めることで,スイング動作に転移することを意味しています.当時は,現在のようにMLBの打撃動作が手軽に動画でみられる環境ではありませんでしたが,村上氏の観察眼の鋭さには驚かされます.

前足を着地してブレーキをかける(第一動作)

 走り幅跳びの踏切りで急激にブレーキをかけることによって,助走の運動エネルギーを跳躍動作に転移するのと同様に,打撃動作ではステップに伴う運動エネルギーにブレーキをかける動作が必要となります.村上氏はブレーキをかける動作を,前足に体重を移動して,「左の壁」(右打者) 」 を作ることと理解されていたようです.しかし, 実際には前足を着地することでブレーキがかかればよいので, 体重を完全に乗せる必要はありません.

前足を着地して前方移動にブレーキをかけるケン・グリフィー・ジュニア.体重は前足に乗り移っていない.引用元:YouTube

 打撃動作では,まず大元のエネルギーとしてステップによる前方移動の運動エネルギー(一次エネルギー)をつくります.このエネルギーを運動連鎖によってスイング動作に利用するためには,いったん前方移動を静止させなければなりません.つまり,前足の着地は,ステップに伴う前方移動にブレーキをかけ,前方移動に伴う運動エネルギーをスイング動作に伝達するために行われます.ブレーキをかけることが目的であるため,体重を前足に移動する必要はありません.

前脚の膝関節を伸展して,下肢のエネルギーを上肢に伝達する (第二動作)

 打撃動作は二段階の動作から成り立っています.最初の動作が「 前足を着地して,ステップに伴う前方移動にブレーキをかける動作」で,二番目の動作が下肢のエネルギー(二次エネルギー)を上肢に伝達する動作になります.

前脚の膝関節を伸展することによって,下肢のエネルギーを上肢に伝達する ケン・グリフィー・ジュニア.体重は前足に乗り移っていない.引用元:YouTube

 下肢のエネルギーを上肢に伝達する動作は,前脚の膝関節の伸展によって行われます.前脚を着地したときに膝関節は大なり小なり屈曲します.グリフィー選手はあまり屈曲していませんが,膝関節を屈曲することにより,下肢のエネルギーを股関節を介して上肢に伝達し,スイングスピードを速くしています.具体的には前脚の膝関節を伸展すると,体幹が後方に倒れ,左肩が後方に右肩が前方に引っ張られる力が働きます.(右打者の場合).この体幹の回旋を利用してスイングスピードを速くします. 

 競技レベルの異なる選手における野球のバッティング動作を比較した研究では, 膝関節の伸展動作によって下肢から体幹へ力学 的エネルギーが伝達されると考察されている(Escamilla et al., 2009;Inkster et al., 2011).また,Escamilla et al. (2009)は,関節の伸展速度あるいはセグメントの回転速度のピークが膝から腰,上胴,肘の順に出現し,その大きさも漸増し ていたことから,エネルギーが下肢から体幹,上 肢,バットへと順次伝達されることが大きなバッ トヘッドスピードの獲得に貢献すると考察してい る.以上より,野球のバッティングにおいて,下肢はエネルギーの発生源であり,生み出してエネルギーを体幹へ伝えさせる役割を担っていることが推測される.

引用元:堀内 元,中島 大貴,桜井 伸二(2017): 野球のバッティングにおける下肢および体幹の力学的エネルギーの流れ,体育学研究 62:pp.575-586

 前脚の膝関節の伸展による 下肢から体幹への運動エネルギーの伝達については,引用元の論文の緒言に言及があります.興味のある方はご覧ください.

「人」の形になっても,前足に体重は移動しない

 打撃動作の第二段階の動作にあたる前脚の膝関節の伸展によって体幹が後傾するため,インパクト後, 前方・前腰・前足が一直線になり,「人」の形が確認できます.フォロースルーでこの形が確認できれば第二動作が利用されたことがわかります.
 村上氏は, 前方・前腰・前足が一直線になるときに,体重が前足に完全に移動すると述べていますが,体幹が後傾して,のけぞるような体勢になるため,体重は後ろ足にかかります. 前方・前腰・前足が一直線になる 「人」の形 になっても,前足に体重が完全に移動することはありません.

前方・前腰・前足が一直線になっているケン・グリフィー・ジュニア.第二動作を行うと体重は後ろ足にかかるため,体重が前足に完全に乗り移るということはない.引用元:YouTube

スプリットフィンガー・ファストボール(SFF)の被打率は?

2019年MLBの球種別被打率

スプリットフィンガー・ファストボール(SFF)を打てない理由 で打者が対応できない理由を説明しました.実際にどのくらい打たれていないのかを確認するため,2019年MLBレギュラーシーズンの球種ごとの被打率を調べました.

球種投球数投球数
リーグ全体
割合% 打席安打打率
ナックル151 732,473 0.034130.382
フォーク36 732,473 0.0930.333
シンカー55,737 732,473 7.613,2913,9350.296
2シーム61,361 732,473 8.414,8724,3880.295
4シーム 263,237 732,473 35.9547,44314,5960.267
カット46,786 732,473 6.410,9882,8040.255
チェンジアップ80,376 732,473 11.020,5894,8310.235
カーブ63,341 732,473 8.7123,5233,0920.229
スライダー128,709 732,473 17.630,8476,6870.217
ナックルカーブ16,328 732,473 2.23,7037840.212
SFF10,588 732,473 1.42,7135390.199
スローボール50 732,473 0.01820.111

引用元:https://baseballsavant.mlb.com/statcast_search  ※割合%は小数点第一位まで.検索結果が出なかった球種は掲載していません.

 リーグ全体で732,473の投球があり,SFF は僅か1.4%を占めています.フォークボールは球速が遅く打たれる可能性があるためかほぼ投げられておらず,球速の速いSFF にシフトしているようです.きれいな球筋の4シームは,不規則な変化をする2シームの約5倍投げられており, 被打率は4シームのほうが低くなっています.予想どおりSFFが最も打たれていません(打席数の少ないスローボール は除外)が, SFFと同じく腕の振りがストレートと同じになるスライダーも被打率は低くなっています.SFFよりも高くなっているのは,縦の変化より横の変化のほうがまだ打者が対応可能であることを示しています.


スプリットフィンガー・ファストボール(SFF)を打てない理由

スプリットフィンガー・ファストボールとは

 フォークボールと似た握りから投じられ、より速い球速で小さく落ちる変化球はスプリットフィンガー・ファストボール(英: split-finger fastball)と呼ばれる。頭文字をとってSFFと省略されることが多く、日本ではスプリット、高速フォークとも呼ばれる。

  流体力学者の姫野龍太郎はリリースから捕手のミットへ届くまでに約10回転するものをフォーク、約20回転するものをSFFと分類している。「フォークボールの神様」の異名を持つ杉下茂は、フォークをナックルボール系の無回転の球種であるとし、無回転のものが真のフォークで近年の一般的な日本人投手が投げるフォークの多くはSFFであると語っている。

引用元: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%
BC%E3%82%AF%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB
左:フォークボール,右:SFF(スプリット)
引用元: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3
%82%AF%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB

打者はホームベースの約2m手前でボールを見失っている

 バッティングの練習ではコーチからよく「ボールから目を離すな」と言われる。ピッチャーが投じたボールをあの細いバットで正確にはじき返すためには、ボールから目が離れると精度が落ちるからだ。

  しかし、科学的検証から「ボールから全く目を離さないことは不可能で、実際にはホームベースの約2m手前でボールを見失っている」(同氏)という。人間が眼球と頭を動かしてボールを追うときのスピード(1秒当たりの角度)は毎秒200°が肉体的な限界であるのに対し、例えば時速160kmのボールを追い続けるには毎秒1000°のスピードが必要という。打者のスローモーション映像でボールをインパクトの瞬間まで見ているように見えても、実際には「見ていない」のだという。

 加えて、打者は非常に短時間の間に、打つかどうかの判断をし、スイングをしてバットに当てるという複雑な作業をしている。通常、ピッチャーが投げたボールがホームベースに到達するまでには0.45秒かかる。一方、打者はボールを「打つ」と決めた場合、脳から筋肉への指令に0.1秒、バットスイングに0.16秒、つまりスイングの決定からインパクトまでに合計0.26秒の時間を要する。

  打撃という“作業”自体が複雑なうえ、約2m手前でボールは見えなくなる――。では、なぜプロの打者は高速かつ激しく変化するピッチャーのボールを打てるのか。それは、練習という経験で積み重ねた予測があるからだ。「予測プログラムによって人間の動きの限界を補っている」(神事氏)。

引用元:https://xtech.nikkei.com/dm/atcl/feature/15/110200006/120200054/?ST=nxt_thmdm_mono

 国学院大学人間開発学部健康体育学科 助教の神事努氏 によると,ボールを追うスピードに限界があるため,打者はホームベースの約2m手前でボールを見失っているとのことです.つまり,打者は投手が投げる時点で ,投球動作からどのような軌道でボールが来るのかを予測して打っていることになります.

 打者は投手が投げる時点で ボールの軌道を予測しなければなりませんが,SFF( スプリットフィンガー・ファストボール )は腕の振りがストレートと全く同じであるため,打者はストレートの軌道を予測します.球速が遅ければ,途中でボールになると判断して判断してバットを止めることができるかもしれませんが,SFF は人先指と中指の間が狭く球速もストレートに近いため,修正がきかずバットを振ってしまうことになります.

 他の変化球では腕の振りも球速も遅くなるため,対応できる余地が残されていますが, SFFのようにストレートと同じ腕の振りで球速もあるということになると,最初からSFF とわかっていない限り対処のしようがありません.見方によってはずるい球種ともいえます.SFF を投げる時点で,すでに打者よりも優位に立っていることになります.