MLBでの左対左の攻め方

 MLBで左対左の場合の投球パターンを全球種,速球系,スロー系,変化系に分けてまとめます.2018年から2020年までのデータを使います.


全球種

引用元:ベースボール・サバント

 全球種では,投球数の26.5%が外角低めのボールゾーンに集中しています.大谷選手だから外角低めに投げていたというわけではなく,筒香選手も秋山選手も含めて左対左の場合,外角低めに投げるのが常套手段になっているということです.実際に外角低めのコースを打者は打てていません.


速球系(Fastballs:4シーム,2シーム,カッター,シンカー)

引用元:ベースボール・サバント

 速球系では,四隅のボールゾーンの投球割合が大きくなっています.外角低めのストライクゾーン6.4%と合わせると,23.9%が外角低めに投げられています.


スロー系(Offspeed:SFF,チェンジアップ,フォークボール,スクリューボール)

引用元:ベースボール・サバント

 スロー系では,SFF(スプリットフィンガー・ファストボール)などの落ちるボールが主となるため,低めにボールが集中しています.低めのボール球の割合が大きく,高めに浮くと真ん中,内角寄りのコースが打たれています.


変化系(Breaking:スライダー,カーブ,ナックルカーブ,スローカーブ,ナックル,スローボール )

引用元:ベースボール・サバント

 変化系では,スライダー,カーブという外に逃げる球種が主となるため,投球数のほぼ半数が外角低めに投げられています.外角低めのストライクゾーンが8.8%,ボールゾーンが43.0%ですから,合わせて51.8%が外角低めのコースに集中しています.外角低めにストライクゾーンから外れるボールを投げるのが定番の攻め方になります.

 打者によって攻め方が変わる部分はありますが,左対左の投手の攻め方はMLBでもNPBでも大差ないと思われます.