ダルビッシュ投手の好調の原因を探る

 ハーラートップタイの6勝目を挙げたダルビッシュ投手の好調の原因について,考えてみます。

ダルビッシュ ハーラートップタイ6勝目!「投げている球がシャープ、真っ直ぐがいい感じ
 カブスのダルビッシュ有投手(34)が29日(日本時間30日)、敵地・シンシナティでのレッズとのダブルヘッダー1試合目(7回制)に今季7度目の先発登板。走者を出しながらも要所を締めて6回104球を投げ7安打無失点で、ハーラートップタイの6勝目を挙げた。初登板での黒星後、6戦6勝とし、防御率は1・47となった。チームは3―0で勝ち、連敗を3で止めた。

 試合後、ダルビッシュは、走者を背負いながらも無失点に抑えたことに「何も変えていない。スカウティングレポートを頭に覚えていて、次の打者はどうすれば良いのか、何を次に投げるか、それについて考えている」と言い、「今年は自分の投げている球がシャープ、真っ直ぐがいい感じできている」と話した。

引用元:https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/08/30/kiji/20200830s
00001007219000c.html
引用元:https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/08/30/kiji/20200830s
00001007219000c.html

 以下の表は,2019年と2020年の球種の割合と被打率を比較したものです.2020年の数字は ダルビッシュ有投手が6勝目を挙げた8/30までのデータになります.2019年の成績は,6勝8敗,防御率3.98.2020年8/30までの成績は,6勝1敗,防御率1.47です.
引用元:https://baseballsavant.mlb.com/statcast_search

球種2019
割合%
2019
被打率
2020
割合%
2020 
被打率
4シーム 26.80.27218.80.227
2シーム 11.70.255——-——-
カッター36.50.19849.40.240
スライダー13.80.2329.00.087
カーブ4.80.2004.20.000
ナックルカーブ2.10.0836.70.267
シンカー ——- ——- 9.30.267
SFF 3.80.1112.50.286
チェンジアップ0.4 0.000 ——- ——-
スローボール0.10.000 ——- ——-

 まず,ダルビッシュ投手はカッターとスライダーの投手であることがわかります.全投球の半分以上 (2019年は50.3%,2020年は58.4%) を占めています.2019年と比較して,①4シーム の被打率が下がっている.②2シームを投げていない.③スライダーの被打率がかなり下がっている.④シンカー,ナックルカーブの割合が高い.ということが挙げられます.①については,平均球速が94.1 mphから95.9 mphにアップしていることが関係していると思われます.②は2シームを投げる代わりに2019年に被打率の低かったカッターを投げて,被打率を下げようとする意図が感じられます.③でスライダーの被打率が激減している理由,④でシンカーの割合が増えている理由についてはわかりません.

 おそらく,ダルビッシュ投手は,2019年の被打率からもわかるように,カッターとスライダーは打たれないという自信をもっています.被打率の低いカッター中心の投球スタイルにシフトするために,2シームを投げず,4シームとスライダーの球数を減らして,カッターの球数を増やしていると考えられます.今までのところは,球数を減らしたスライダーのほうがカッターよりも被打率が低いという皮肉な結果になっていますが,カッターとスライダーで一つの系として考えれば,被打率を下げることに成功しているといえます.4シームの球威が増したことで4シームの被打率が下がり,同時にカッターとスライダーが活きるように なったことが,今季の好調の原因と考えられます.

  球種の判断はベースボール・サバントのデータに基づきます.カッターとスライダーの違いについては,下の動画を確認ください.曲がりが小さいのがカッター, 曲がりが大きいのがスライダーという見方もできるかもしれません.

球種:カッター 引用元:ベースボール・サバント
球種:スライダー 引用元:ベースボール・サバント