大谷選手の球種別打率 2018-2020 対左投手-対右投手と同じくシンカーに強い

 2018-2020年の大谷選手のバッティングを振り返ります.2020年のMLBは60試合に短縮され,大谷選手の出場機会も少なかったため(サンプルが少ない),参考程度の内容となります.

速球系(Fastballs:4シーム,2シーム,カッター,シンカー) 

大谷翔平 球種別打率 2018-2020 対左投手 速球系
対左投手球種全投球に占める割合 %打率
201820192020201820192020
速球系4シーム22.529.628.5.421.280.083
2シーム12.48.6.143.111
カッター4.811.94.8.100.417.000
シンカー14.98.027.2.353.333.273
全球種54.658.160.5.283.291.148
引用元:ベースボール・サバント
*:投球なし

  • 全投球に占める速球系の投球割合は,2018年の54.6%から2020年の60.5%へ徐々に増加している.
  • 速球系は,2018年(.283),2019年(.291)と3割に近い打率を維持していたが,2020年は1割台(.148)に低下した.
  • 2020年の速球系が低打率(.148)となっている要因は,4シームとカッターが打てていないことによる.
  • 対右投手と同様に,速球系のボールのうち,シンカーを得意にしている.
  • 速球系で低打率の2シーム(2018年.143,2019年.111)の投球が2020年は0になり,得意球のシンカー(2018年.353,2019年.333)の投球割合が27.2%まで増えている.大谷選手にとっては打率上昇を助ける攻め方になっている.

    ※2シームが一球も投げられていないことについては, 大谷選手に2シームが投げられなくなった謎   
     をご覧ください.

スロー系(Offspeed:SFF,チェンジアップ,フォークボール,スクリューボール)

大谷翔平 球種別打率 2018-2020 対左投手 スロー系
対左投手球種全投球に占める割合 %打率
201820192020201820192020
スロー系チェンジアップ6.05.73.5.000.200.000
スクリューボール0.1.000
全球種6.15.73.5.000.200.000
引用元:ベースボール・サバント
*:投球なし

  • 全投球に占めるスロー系の投球割合は,2018年の6.1%から2020年の3.5%へ徐々に減少している.
  • スロー系のボールが対右投手(2020年25.3%)に比べ極端に少なく,2020年は3.5%(チェンジアップ)のみである.

変化系(Breaking:スライダー,カーブ,ナックルカーブ,スローカーブ,ナックル,スローボール )

大谷翔平 球種別打率 2018-2020 対左投手 変化系
対左投手球種全投球に占める割合 %打率
201820192020201820192020
変化系スライダー25.322.425.9.235.308.308
カーブ12.212.89.2.077.200.000
ナックルカーブ1.81.00.9.0000.5.000
全球種39.336.236.0.161.289.235
引用元:ベースボール・サバント

  • 変化系のボールの投球割合が対右投手(2020年20.8%)に比べ大きい(2020年は36.0%).
  • スライダー,カーブを中心とした外に逃げるボールで攻めていると考えられるが,スライダーの打率は高くなっている(2019年.308,2020年.308).


 大谷選手は対右投手ほどではありませんが,対左投手でも速球系のボールに強く,スロー系,変化系のボールには弱いという傾向はあるようです.しかし,対右投手とは逆に全投球に占める投球割合は,速球系が増加し,スロー系,変化系は減少しています.