スプリットフィンガー・ファストボール(SFF)の被打率は?

2019年MLBの球種別被打率

スプリットフィンガー・ファストボール(SFF)を打てない理由 で打者が対応できない理由を説明しました.実際にどのくらい打たれていないのかを確認するため,2019年MLBレギュラーシーズンの球種ごとの被打率を調べました.

球種投球数投球数
リーグ全体
割合% 打席安打打率
ナックル151 732,473 0.034130.382
フォーク36 732,473 0.0930.333
シンカー55,737 732,473 7.613,2913,9350.296
2シーム61,361 732,473 8.414,8724,3880.295
4シーム 263,237 732,473 35.9547,44314,5960.267
カット46,786 732,473 6.410,9882,8040.255
チェンジアップ80,376 732,473 11.020,5894,8310.235
カーブ63,341 732,473 8.7123,5233,0920.229
スライダー128,709 732,473 17.630,8476,6870.217
ナックルカーブ16,328 732,473 2.23,7037840.212
SFF10,588 732,473 1.42,7135390.199
スローボール50 732,473 0.01820.111

引用元:https://baseballsavant.mlb.com/statcast_search  ※割合%は小数点第一位まで.検索結果が出なかった球種は掲載していません.

 リーグ全体で732,473の投球があり,SFF は僅か1.4%を占めています.フォークボールは球速が遅く打たれる可能性があるためかほぼ投げられておらず,球速の速いSFF にシフトしているようです.きれいな球筋の4シームは,不規則な変化をする2シームの約5倍投げられており, 被打率は4シームのほうが低くなっています.予想どおりSFFが最も打たれていません(打席数の少ないスローボール は除外)が, SFFと同じく腕の振りがストレートと同じになるスライダーも被打率は低くなっています.SFFよりも高くなっているのは,縦の変化より横の変化のほうがまだ打者が対応可能であることを示しています.