科学する野球とは

 「科学する野球」とは,村上豊氏によって書かれた野球技術書です.氏が大リーガーのプレーからその合理性を追求すること30余年,その多年の研究成果は,投手篇 (1984),打撃篇(1985) ,守備・走塁・練習篇(1985),実践篇(1986) ,実技編(1987) ,ドリル篇(1989) ,トレーニング篇 上(1993),トレーニング篇 下(1994)にまとめられています.

 野球界に横行しているウソの常識では,選手はとまどってしまいます.指導者は自分の経験だけを押しつけるのではなく,もっと科学的に技術を分析し,理屈に合った技術指導が必要です.いままで野球技術の常識のウソが解明されてきましたが,本書はその集大成といえるものです.「野球は運動であるから物理に支配されている.この物理の尺度に照らし合わせれば,技術指導のウソが見抜ける」―これが,この本のテーマです.

引用元:科学する野球・投手篇

 今まで常識とされていた野球理論の中には,数多くの”ウソ”がひそんでいます.指導者もプレーヤーも,この”ウソ”を見抜かないと技術の向上は考えられません.本書は 「野球は運動であるから物理に支配されている.この物理の尺度に照らし合わせれば,技術指導のウソが明らかになる」をテーマに,打撃理論の常識の”ウソ”を徹底解明しました.

引用元:科学する野球・打撃篇

 医者が間違った診断,治療をしたら完治するものも,治らないように,野球理論も間違った技術論,ウソの野球論を指導したり,身につけていたのでは,いつまでたっても技術の向上は望めません.ところが残念なことに,現在の野球界にはウソの野球技術論が横行しているから困ったものです.
 本書は,数多い野球技術論のウソを,科学的に徹底解明しました.きっと的確で,正しいアドレスが得られるはずです.

引用元:科学する野球・守備,走塁,練習篇

 野球で必要とする力を生むのはフォームではなく,合理的な身体動作です.しかし,日本の野球界は,合理的身体動作,野球動作より,従来から継承された野球技術を,なんの疑いもなくそのまま受け入れています.そのために,現代にはまったくマッチしない理論が幅をきかせ,科学的にみて,どうしても理屈に合わないことなどを平気で見過ごしているのです.本書はこうした従来の因習を打破し,合理的,科学的に野球技術をとらえた画期的な指導書です.

引用元:科学する野球・実践篇

 アメリカ大リーグと日本のプロ野球の差は,”技量の差というより体格の差だ”と決めつける風潮がありますが,果たしてそうなのでしょうか―.否です.アメリカ大リーグの多くの選手は,合理的な動作を身につけていますが,日本選手の多くは,合理的に体を使ってはいません.本書では,そうした動作の違いを,実際のプレーに照らし合わせて解説した指導書です.今後は従来の因習を打破して合理的,科学的な動作を身につけてください.

引用元:科学する野球・実技篇

 従来の野球指導書は,ともすると自分の知識や経験だけに基づいて少年たちを教える嫌いがありました.しかし,運動の法則に反した非合理的な練習は実りのない努力といえましょう.
 著者は科学に根ざした練習こそが野球上達の早道だとして,大リーガーのプレーからその合理性を追求すること30余年,その多年の研究成果をまとめて,目から直感的に合理的な動作を学習できるようにしたのが本書です.野球を志す多くの人々の坐右の書として,ご利用をおすすめします.

引用元:科学する野球・ドリル篇

 上記の引用はカバーに記載されている文章です.「科学する野球」は画期的な野球技術書でしたが,古い野球をほぼ全否定する内容であったため,当時の指導者の反発を買い,受け入れられなかった側面があることも否定できません.

監督,コーチの問題点

 村上氏は監督,コーチに対しても苦言を呈しています.

 コーチになるような方は,その殆どが現役時代に立派な成績を上げている方ですから,自分の体験を通して,いうことに自信を持っています.
 ところが,名選手として実績を残した方が,その現役時代に,なぜ自分が上手くプレーできたのかを物理的に解明して把握していないと,コーチになって指導する時,その実績をかさに着るだけで,理に反したことを言っているのにもかかわらず,その間違いに気付かず,さもよいことを言って指導していると自己陶酔し勝ちになるので戒めてほしいものです.名選手かなずしも名監督ならず,名コーチならずとも言われているのは,そのへんの事情を物語っていると思います.
 また,日本の野球界は,球界の実力者の言うことに弱い体質を持っており,たとえば “打撃の神様” のご託宣には,それがかなり物理に反していても,心酔者は一も二もなく有り難く承り,あるいは,プロ野球のOBのだれそれがこういっていたのだからこれは正しいのだ,と盲信してしまう方が多いのですから,球界の指導者はその発言に注意してほしいものです.

引用元:科学する野球・守備,走塁,練習篇

 全く情けないことと思いますが日本の野球界は権威者と思われている人の発言に弱く,その中身を検討することもなく盲信してしまう傾向があります.ですから,権威者と自他共に認められている方は,単なる思い付きから不用意な発言をしないようにしてほしいものです.そういった不用意な発言の内容が誤っているにもかかわらず,その誤りが気付かれないまま,常識として野球界に定着してしまうと,日本の野球はスポイルされてしまうからです.
 事実,このような,本当はウソの常識が野球界ではまかり通っており,プロ野球のコーチたちもこれらの常識を基にし,コーチ自身の体験や考え方を加味して選手たちを指導しています.ですから,プロ野球選手の動作の中には,これらの常識のウソの虜になっている動作がずいぶん見受けられます.こんなことでは選手たちの野球技術はなかなかに向上するものではありません.しかも,コーチが変わるたびに言うことが違うのでは,選手たちは行きつ戻りつすることになり,金の卵と騒がれて入団したような選手さえもつぶされてしまう羽目になります.

引用元:科学する野球・守備,走塁,練習篇

 ノックひとつ取りあげてみても,日本とアメリカの野球とでは,そのやり方に違いがあり,彼らのほうが野球技術の向上をはかるのに,トレーニングや練習を合理的に行っているのです.日本のコーチは,十年一日の如く,上手投げの投手には肘を上げろと言い,ゴロの捕球に対しては腰高守備はいけないと,同じ言葉を繰り返すだけで,選手の野球動作を見て,どこがどう理にかなっていないから,こういう物理からこう直せといった合理的な指導を行うことができていないのが現状で,中にはコーチが思いつきで教えていることが理に反しているのにそれが理に反しているとも知らずに,それを選手に押しつけ,選手のフォームを改良したつもりがかえって改悪となり,金の卵と騒がれて入団した好素材の選手さえもつぶしてしまうようなことがまま見受けられる有様です.こういう無様なことにならないように,コーチはウソで固められた常識は排除し,理にかなった正しい野球を教えられるように,物理に基づいた野球技術理論を習得することが責務だと思います.

引用元:科学する野球・守備,走塁,練習篇

単純細胞的な発想に基づく非合理的な練習

 村上氏は根拠のない非合理的な練習についても言及しています.

 金田氏は,下半身を強化するには,ワシのワンパターンで走れ走れや.バネを失わないようにいつもランニングを続ければ,20勝できる,と述べておられます.
 この金田氏の言葉から忖度すると,金田氏は投手はバネを利かして投げるのだと思われているようだが,人体のバネは上下にはねるから,重心を上下動させるので,バネを利かして投げるのは,歪み理論に基づいた捻りの投げ方では避けなければならない,悪い投球動作なのです.
 また,下半身強化のために,走れ走れといって,長距離を走ることを奨めているが,トレーニングの項で述べておいたように,野球選手は投手ばかりではなくプレーヤーはすべて瞬発力を持続し,粘りのための粘っこさを持った体質でなければならないのだから,長距離を走ってローパワーのトレーニングを行うことは,時間の浪費であり,極論すれば野球選手にとっては間違った下半身の強化法であるといえます.
 このようなトレーニングを続けていると,長距離走は得意になったけれども,野球は一向に上手にならないということになります.野球選手はとにかく短距離を速く走れないと失格です.日本の野球選手がプロ,アマを問わず,走るのが遅いのは,短距離を走る練習時間が余りにも短く,逆にゆっくり走る長距離走の練習に時間をかけすぎているからなのです.
 とにかく日本の野球界は,プロ,アマを問わず, 長距離を走る練習に時間をかけ過ぎで,その時間を短距離走に振り替えなければなりません.金田氏の言う ”走れ,走れ” は,長距離ではなく,短距離なのだと頭を切り替えてほしいものです.アメリカの大リーガーの投手たちは,ピッチングする前には,必ず30メートルの短距離を10~15回全力疾走で往復しています.こういった点からも,アメリカの野球のほうが合理的であるといえます.

引用元:科学する野球・守備,走塁,練習篇

 また,ゴロを捕るには,もっと体勢を低くして,マタを割れとか,フットワークはすり足でとか,それが理に反しているとも知らずに,平気でそんなことをいって指導しているコーチがいるが,これも,長距離を走ると瞬発力に欠けてくることを知らないで,ただ長距離を走らせさえすれば,下半身を強化することができると思っているのと同じく,単純細胞的な発想に基づいており,そこには合理的な指導とはいかなるものかが考えられていないのです.
 その指導に合理性もないまま,とにかく長時間練習させれば選手の腕は上達するものと決めこんでいるから,千本ノックや長距離走で選手は疲労を蓄積しているにもかかわらず,ハードトレーニングを重ねさせ,その挙げ句に,肉離れ,腰痛などの故障者やケガ人などを出している.某監督などは,今の時期(キャンプ中盤)になってどこか故障のないのは,今まで何もしなかった証拠と発言していたが,これでは故障することを前提にして選手は練習しなければならないのだから,選手はたまったものではないはずです.

引用元:科学する野球・守備,走塁,練習篇

 練習一つ採り上げてみても,プロ野球でさえも高校野球の延長のような猛練習をしたり,ゲーム前でもハードな練習をやらして,選手のエネルギーを消耗させても平気でいられるのは,根性野球,精神野球の押し売りをしているからである.
 このように日本の野球は, 根性野球と精神野球で押し通してきているから,そこに芽生えた常識のウソをウソとも思わず,ただ,基本が大切,基本に忠実にと空念仏を唱えているで,野球を必要とする力はいかなる動作から生まれるかを科学的に検討しようともしないで,アメリカの野球選手のプレー中にみられる理にかなった動作を見ても,その合理性に気付くことなく,アメリカ野球との差はパワーの差に過ぎないと割り切り,参考にならないと,うそぶくに至っては何をかいわんやである.
 こうした思い上がりが,合理主義野球を遠ざけ,常識のウソをはびこらせ,旧式野球のぬるま湯につからせたままにしているのである.いつまでも現状に満足して,ノホホンとしていては,日本の野球技術の進歩は望めない.特に,野球で必要とする力を生むのは,フォームではなく,合理的な動作であることに,根本的に思い改めないことには,パワーとスピードのあるアメリカ野球に追いつくことはできないのである.

引用元:科学する野球・守備,走塁,練習篇

次ページ:古い野球を否定することに対する反発