粘着物質取り締まりでシャーザー投手が激高-回転数はどのくらい低下したのか?

【MLB】粘着物質取り締まりで一触即発 敵将の疑いにシャーザー激高「服だって脱ぐ」

 投高打低が続くMLBでは,6/21より粘着物質の取り締まりを強化し,罰則の適用を厳格化しています.

「筋金入りの愚か者でない限りは今日何か使おうとは思わない」
■ナショナルズ 3ー2 フィリーズ(日本時間23日・フィラデルフィア)

 21日(日本時間22日)に始まったMLBの粘着物質の取り締まり。早速、波紋を呼んでいるこの取り締まりだが、22日(同23日)に行われたナショナルズとフィリーズの試合で一触即発の事態を巻き起こした。

 登板した投手には必ず1回以上、審判団からの検査が行われる。先発投手は初回終了時だけでなく、複数回の検査が実施されることもある。この試合で先発したナショナルズのマックス・シャーザーは初回終了時、3回終了時に検査を受け、何の問題も見つからなかった。

 だが、4回途中、フィリーズのジョー・ジラルディ監督が審判団に右腕の髪を調べるように要求。なんとシャーザーに対して、3回目の検査が実施されることになった。これにシャーザーは苛立ちを露わに。歩み寄る審判団に対してベルトを緩め、ズボンまで脱ごうとした。

 MLB公式サイトによると、シャーザーは試合後に「『(疑わしいものは)何もない、調べたいだけ調べてごらんよ。望むなら服だって脱ぐよ。潔白さ』という感じだね」と振り返ったという。そして「アンテナの感度がこれだけ上がっている中で、筋金入りの愚か者でない限りは今日何か使おうとは思わないよ」とも語ったという。

ジラルディ監督「私に対して何か言っていたコーチが気に障った」
 一方で、再検査を要求したジラルディ監督は「マックスのことは長いこと見ている。殿堂入りは間違いないだろう。しかし今夜彼がしていたように、髪を触るような仕草は一度も見たことがなかった。だから私には疑わしく見えた」とコメント。右腕が髪の毛を触る仕草に疑念を抱いたという。

 さらに、このあとにもハプニングが。5回を投げ終えたシャーザーはフィリーズベンチを睨み、さらにグローブと帽子を掲げて相手ベンチに見せつける行動に。これに対し、ジラルディ監督はベンチから飛び出して猛抗議。通算40度目となる退場処分を食らった。

 ジラルディ監督は「私はナショナルズに対して挑んだわけではない。私に対して何か言っていたコーチが目に入った。それが気に障った」と激高した理由を説明した。試合は3-2でナショナルズの勝利に終わったものの、なんとも後味の悪い試合だった。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/39c37875853339e945c502989ed62784c88b3058

審判団の検査に納得のいかない表情のナショナルズのマックス・シャーザー【写真:AP】(AP)
引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/39c37875853339e945c502989ed62784c88b3058/images/000

シャーザー投手のスピンレート(平均回転数)の推移-4シーム

シャーザー投手 スピンレート(平均回転数)の推移 2015-2020 4シーム
年度勝利敗戦防御率平均球速
mph
平均回転数
RPM順位
201514122.7994.8249813
20162072.9695.025508
20171662.5194.0250319
20181872.5394.4248744
20191172.9294.9247463
2020543.7494.7247277
※mph=miles per hour,マイル毎時.
※RPM=revolutions per minute,または,rotations per minute,1分の間での回転数.
引用元:ベースボール・サバント

 ベースボール・サバントで確認できるスピンレートは,2015年以降のデータになります.シャーザー投手の4シームの平均回転数は,サイ・ヤング賞を獲った2016,2017年は,2500回転を超えており,他の年度は2400回転の後半となっています.平均回転数の順位は,700を超える投手のなかでの順位となるため,100位以内であれば回転数はかなり高いほうであるといえます.

6月に入ってから4シームの回転数が明らかに低下

シャーザー投手 スピンレート(平均回転数)の推移 2021 4シーム
登板日平均球速 mph平均回転数 RPM
4/794.42496
4/1292.82490
4/1793.52441
4/2192.72513
4/2894.02413
5/394.72497
5/894.02575
5/1494.52461
5/1994.62449
5/2594.72461
5/3093.92481
6/494.62504
6/1194.72370
6/2295.02348
※mph=miles per hour,マイル毎時.
※RPM=revolutions per minute,または,rotations per minute,1分の間での回転数.
引用元:ベースボール・サバント

 MLBは6/15に、ボールの回転数を上げたり、コントロールを良くしたりするために粘着物質を使った投手に対し、10試合の出場停止処分を科すなどの新ルールを発表し,6/21の試合から、投手の不正使用が疑われる粘着物質の取り締まりを強化し、登板中にボールに異物が付着していた場合,違反者は退場処分と、10試合の出場停止処分が科されることになりました.
 6/11(6/15より前ですが)と6/22にシャーザー投手の平均回転数が2300回転台に低下しているのは,粘着物質の取り締まりの影響によるものと考えられます.逆にいえば,6/4までは他の投手たちと同様に粘着物質を使ってボールの回転数を上げていたことになります.
 シャーザー投手は,腕の振りの分類が タイプ2(垂直・水平 中間型) で,垂直にボールを切る要素が大きいので, タイプ4(水平) の投手に比べると,回転数の低下はパフォーマンスにそれほど影響しないと考えられます.