投手の腕の振りは4つのタイプに分類される-その3

マックス・シャーザー

Max Scherzer Pitching Slow Motion – Velocity Fastball Mechanics Tigers MLB 
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=43tEWOOsfN4
肩から下ろした垂線と上腕との角度が少しできているようにみえる.真横からの画像であれば,ほぼ体の前で腕は止まっているかもしれない.


グレッグ・マダックス

GREG MADDUX..
GREG MADDUX..
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=E1I00SFkLc0
真横からの画像ではないが,シャーザー投手と同様に腕が体に入る角度は小さい.


江川卓

江川卓・山口高志 ストレートの比較
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=MM6dsxvsz78
肩から下ろした垂線と上腕との角度は小さいが,前腕との角度は少し大きくなっている.動画では垂直にボールを切っているようにもみえるが,垂直にボールを切る場合は手でブレーキをかける意識があるはずなので,肘にブレーキがかかって前腕が動くということは完全な垂直にボールを切る腕の振りになっていない.


トレバー・バウアー

Trevor Bauer Slow Motion Pitching Mechanics Baseball
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UjHdxr1_WNA
シャーザー投手のようにリリース後,腕を止めようとする動作はみられないが,肩から下ろした垂線と上腕との角度は小さい.2020年4シーム スピン・レート(平均回転数)ランキング2位:2776(RPM) RPM=revolutions per minute,または,rotations per minute,1分間での回転数.



タナー・スコット

Tanner Scott LHP, Baltimore Orioles, Pitching Mechanics
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZXjV5Lrrp2I
肩から下ろした垂線と上腕との角度が非常に小さい.


ルーカス・シムズ

Lucas Sims RHP, Atlanta Braves, Pitching Mechanics
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=P-M7aGoUANY
リリース後,腕が体の前で止まらず背面側に入るということは,水平にボールを切る要素が入っていることを意味する.しかし,肩から下ろした垂線と上腕との角度は小さいので,水平にボールを切る要素はまだあまり大きいとはいえない.垂直にボールを切る要素も残っているため,垂直・水平中間型でボールを切る腕の振りになっていると解釈できる.



涌井秀章

千葉ロッテマリーンズ 涌井秀章投球フォーム(スローモーション)
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=vGgmJVKmIHw
涌井投手のように球速は出ないがキレのあるボールを投げる投手は,垂直にボールを切る要素が大きいと考えられるので,リリース後,腕があまり背面側に入ってこないであろうということが推測できる.


垂直・水平中間型でボールを切る腕の振り

 シャーザー投手など上に挙げた投手は,リリース後,腕が体の前で止まらず少し背面側に入っています.リリース後,腕が体の前で止まらず背面側に入るということは,水平にボールを切る要素が入っていることを意味します.しかし,肩から下ろした垂線と上腕との角度は小さい(45°までを目安とする)ので,水平にボールを切る要素はまだあまり大きいとはいえません.垂直にボールを切る要素も残っているため,垂直・水平中間型でボールを切る腕の振りになっていると解釈することができます.
 現在では投手の横方向からの投球動作の動画を探すことは比較的容易(NPBは見つけやすいが,MLBはなかなか見つからない)になっていますが,昔の投手ではMLB,NPBともに有名な投手でも横方向からの動画はなかなか見つけることができません.シャーザー投手は真横からの動画があれば,ほぼ垂直にボールを切っていることを確認できるのではないかと思われます.腕の振りもブレーキをかけたところでほぼ静止しています.
 江川投手については,リリース後,腕を止めるときに,上腕が止まっても前腕は少し動いています.動画では垂直にボールを切って腕全体を止めているようにもみえますが,垂直にボールを切る場合は手でブレーキをかける意識があるはずなので,肘にブレーキがかかって前腕が動くということは完全な垂直にボールを切る腕の振りになっていないことがわかります.

垂直・水平中間型でボールを切る腕の振り

  • リリース後,腕が体の背面側に入る.
  • 肩から下ろした垂線と上腕との角度が0°から45°までの間になる.前腕との角度が45°を超えても,上腕との角度を腕の振りを止めた角度とみなす.
  • 投手のステップ幅や,リリース後,上体を倒すかどうかによって,腕が入る位置が変わってくる.上体を倒すと前腕が下腿グラブ側に入りやすく,上体を倒さない投手では大腿のグラブ側に入りやすくなる.
  • リリース後,腕が体の前で止まらず背面側に入るということは,水平にボールを切る要素が入っている.
  • 肩から下ろした垂線と上腕との角度は小さいので,水平にボールを切る要素はあまり大きいとはいえない.
  • 肩から下ろした垂線と上腕との角度は小さいので,垂直にボールを切る要素も残っている.
  • 垂直・水平中間型でボールを切る腕の振りになっている.
  • 垂直にボールを切る要素も残っているため,スピンを強くかけることも可能と考えられる.
  • リリースポイントは体から少し離れるが,それほど前方にはならない.
  • リリースポイントが体から少し離れる程度で,腕の振り幅はそれほど大きくならないので球速は出にくいが,垂直にボールを切る要素もあるためスピンのかかったキレのあるボールを投げられる余地が残されている.