投手の腕の振りは4つのタイプに分類される-その5

リリース後の上腕の角度による腕の振りの分類

リリース後の上腕の角度による腕の振りの分類
タイプ1:垂直 ~0° 垂直にボールを切る腕の振り
タイプ2:垂直・水平中間型 0°~45° 垂直・水平中間型でボールを切る腕の振り
タイプ3:垂直<水平 45°~90° 水平にボールを切る要素が大きい腕の振り
タイプ4:水平 90°~ 水平にボールを切る腕の振り

 投手の腕の振りはリリース後の上腕の角度により,4つのタイプに分類することができます.

  • 肩から下ろした垂線と上腕との角度が ~0°となり,腕が体の前で止まる場合は,垂直にボールを切る腕の振り
  • 肩から下ろした垂線と上腕との角度が 0°~45°の場合は,垂直・水平中間型でボールを切る腕の振り
  • 肩から下ろした垂線と上腕との角度が 45°~90°の場合は,水平にボールを切る要素が大きい垂直<水平の腕の振り
  • 肩から下ろした垂線と上腕との角度が 90°~の場合は,水平にボールを切る腕の振り

    とします.

 リリース後,腕が止まる位置は,運動連鎖の末端の振子(手)の速度を最大にするさいに,どこで手根部にブレーキをかけるかによって決まります.

リリース後,前腕が到達する位置による腕の振りの分類

ボールの切り方とリリース後に前腕が達する位置との関係
前腕の位置
前後
前(捕手側)                 後(背面側)
前腕の位置
高低
ボールの
切り方
タイプ1
垂直
タイプ2
垂直・水平
中間型
タイプ3
垂直<水平
タイプ4
水平










タイプ4
水平
———————————————体幹・腰
グラブ側
タイプ3
垂直<水平
——————————大腿
グラブ側
—————
タイプ2
垂直・水平
中間型
—————下腿
グラブ側
——————————
タイプ1
垂直
体の手前———————————————
※この表は目安を示したものです.
※実際に前腕が達する位置は,ステップ幅の大小,体幹の回旋の大小,上体を倒すか倒さないか,
によって変わってきます.

 投手の腕の振りは,リリース後,前腕がどの位置に達するかによって4つのタイプに分類することができます.垂直にボールを切るタイプ1の腕の振りでは,「指が垂直な壁をさするような感じで,ボールを切る」,「手関節に括り付けた紐を下方に引き下ろすような気持ちで,前腕部を肘からスイングする」といった腕の振りとなるため,リリースポイントは低い位置になります.腕を押し出すようにスピンをかける水平にボールを切るタイプ4の腕の振りに移行するにつれて,リリースポイントは高くなるため,前腕が達する位置は高くなります.
 前腕が達する位置を前後でみると,垂直にボールを切るタイプ1の腕の振りではリリースポイントが体に近くなるため,前腕が達する位置は前(捕手側)になりますが,水平にボールを切るタイプ4の腕の振りに移行するにつれて,リリースポイントが体から離れていくため,前腕が達する位置は後(背面側)にズレていくことになります.

ボールの切り方によって腕の振りと球質,球速が変わってくる

ボールの切り方と球質,球速との関係
ボールの切り方タイプ1
垂直
タイプ2
垂直・水平
中間型
タイプ3
垂直<水平
タイプ4
水平
ボールの回転数多い→→→→→→少ない
リリースポイント体に近い→→→→→→体から離れる
腕の振り幅小さい→→→→→→大きい
球速小さい→→→→→→大きい
該当する投手稲生和久
石川雅規
M・シャーザー
涌井秀章
A・チャップマン
菅野智之
J・デグロム
大谷翔平
※垂直にボールを切るタイプ1が最も強いスピンをかけられるという前提の下に作成.
※タイプ1で必ず球速が出ない,タイプ4で必ず回転数が少なくなるということではありません.

 タイプ1ではボールを真上から真下に切るため,ボールに強いスピンがかかりますが,リリースポイントが手前になり腕の振り幅が小さくなるため,球速は出にくいと考えられます.タイプ4では腕を押し出すように水平にボールを切るため,ボールに強いスピンをかけにくくなりますが,リリースポイントが体から離れて前方になり腕の振り幅が小大きくなるため,球速は出やすいと考えられます.