大谷選手の38本塁打の内訳-リーグ・地区別の本塁打率

 大谷選手は本塁打王のタイトルを獲得できるか?-問題はバレル率が本物かどうか で,大谷選手の特殊な打ち方ではバレル率が1位になることは考えにくいため,研究されて攻略法が確立すれば打てなくなることを述べました.1つのチームが大谷選手と数多く対戦することで攻略の精度が増していくので,対戦回数が多い同一リーグ同地区のチームのほうが,対戦回数の少ない同一リーグ他地区,ナショナルリーグ(インターリーグ)よりも,早く大谷選手を抑え込めることになります.
 8/13現在,38本塁打を打っている大谷選手ですが,38本の本塁打をリーグ・地区別に分けて本塁打率を算出し,対戦回数が多い地区で本塁打率が低く抑えられているか,対戦回数が少ない地区で本塁打率が高くなっているかを確認します.

大谷選手はどのリーグ・地区のチームからホームランを多く打っているか?

大谷翔平 38本塁打の内訳 対戦チームと所属するリーグ・地区 8/13現在
本塁打年月日対戦チームリーグ地区
12021-04-02ホワイトソックスアメリカン
22021-04-04ホワイトソックスアメリカン
32021-04-09ブルージェイズアメリカン
42021-04-13ロイヤルズアメリカン
52021-04-21レンジャーズアメリカン西
62021-04-24アストロズアメリカン西
72021-04-25アストロズアメリカン西
82021-04-30マリナーズアメリカン西
92021-05-03レイズアメリカン
102021-05-06レイズアメリカン
112021-05-14レッドソックスアメリカン
122021-05-16レッドソックスアメリカン
132021-05-17インディアンズアメリカン
142021-05-18インディアンズアメリカン
152021-05-25レンジャーズアメリカン西
162021-06-05マリナーズアメリカン西
172021-06-08ロイヤルズアメリカン
182021-06-15アスレチックスアメリカン西
192021-06-16アスレチックスアメリカン西
202021-06-18タイガースアメリカン
212021-06-18タイガースアメリカン
222021-06-19タイガースアメリカン
232021-06-20タイガースアメリカン
242021-06-25レイズアメリカン
252021-06-27レイズアメリカン
262021-06-28ヤンキースアメリカン
272021-06-29ヤンキースアメリカン
282021-06-29ヤンキースアメリカン
292021-07-02オリオールズアメリカン
302021-07-02オリオールズアメリカン
312021-07-04オリオールズアメリカン
322021-07-07レッドソックスアメリカン
332021-07-09マリナーズアメリカン西
342021-07-18マリナーズアメリカン西
352021-07-25ツインズアメリカン
362021-07-27ロッキーズナショナル西
372021-07-28ロッキーズナショナル西
382021-08-11ブルージェイズアメリカン
※引用元:ベースボール・サバント
※赤字はエンゼルスが所属するアメリカンリーグ西地区のチーム

大谷翔平 リーグ・地区別本塁打率 8/13現在 38本塁打
リーグ地区対戦試合数本塁打打数本塁打率
アメリカン西461017517.50
アメリカン2211777.70
アメリカン2515966.40
ナショナル西1523718.50
※引用元:ベースボール・サバント
※本塁打率=打数÷本塁打数 小数点第3位を四捨五入

 38本塁打までのデータでは,対戦回数の多いアメリカンリーグ西地区(エンゼルスと同一リーグ同地区)の本塁打率が低く,本塁打1本を打つのに17.50打数を要しているのに対し,対戦回数の少ないアメリカンリーグ中地区,東地区の本塁打率は高く,本塁打1本を打つのに7.70,6.40打数を要し,本塁打が出やすくなっています.ナショナルリーグ西地区(インターリーグ)については,対戦回数が極めて少なく,攻略法が定まっていない分,大谷選手が打てるボールが増えるはずですが,本塁打率が18.50とアメリカンリーグ西地区よりも低くなっています.

オールスター前とオールスター後で本塁打率を比較する

大谷翔平 リーグ・地区別本塁打率 オールスター前
リーグ地区対戦試合数本塁打打数本塁打率
アメリカン西33912714.11
アメリカン1910666.60
アメリカン2114835.93
ナショナル西9025
※引用元:ベースボール・サバント
※本塁打率=打数÷本塁打数 小数点第3位を四捨五入
※*:本塁打0のため,算出できず.

大谷翔平 リーグ・地区別本塁打率 オールスター後 8/13現在
リーグ地区対戦試合数本塁打打数本塁打率
アメリカン西1314848.00
アメリカン311111.00
アメリカン411313.00
ナショナル西62126.00
※引用元:ベースボール・サバント
※本塁打率=打数÷本塁打数 小数点第3位を四捨五入

 

大谷翔平 リーグ・地区別本塁打率 オールスター前とオールスター後との比較 8/13現在
リーグ地区本塁打率
オールスター前オールスター後
アメリカン西14.1148.00
アメリカン6.6011.00
アメリカン5.9313.00
ナショナル西6.00
※引用元:ベースボール・サバント
※本塁打率=打数÷本塁打数 小数点第3位を四捨五入
※*:本塁打0のため,算出できず.

 大谷選手はオールスター前に33本の本塁打を記録しましたが,ここまでホームランを量産すれば,相手チームも当然,大谷選手を抑えるための対策を練ってくるはずです.つまり,オールスター後はオールスター前よりも本塁打率が低く抑えられると考えられます.上表をみると,予想どおり,アメリカンリーグの三地区でオールスター後の本塁打率が低下していることを確認できます.対戦回数の多いアメリカンリーグ西地区では,本塁打率が48.00(本塁打1本を打つのに48打席を要する)まで低下しています.ナショナルリーグ西地区(インターリーグ)については,オールスター前までは本塁打0でしたが,オールスター後は本塁打2本を記録し,本塁打率は6.00と極めて高くなっています.
 大谷選手が今打てていないのは,単に調子が悪いだけだと考えている人も多いかと思いますが,右投げ左打ちから見えてくる大谷選手のバッティングの真実 ,-その2 ,-その3 ,-その4 で述べたように,大谷選手のゴルフスイングでは,その特殊な打ち方故,打てるボールと打てないボールが出てきます.オールスター前までは打てるボールを拾って,相手投手が対策を講じる前にホームランを量産していた大谷選手ですが,今後は攻略されて徐々に打てなくなります.大谷選手の打てるボールと打てないボールについては,近いうちに記事を載せる予定です.