柳田悠岐選手の打撃理論-V字スイング

 qooninTV の「柳田悠岐選手「クソ飛びする」V字スイング理論!ホームラン量産の極意」という動画のなかで,柳田選手が語っている打撃理論について解説します.

柳田悠岐選手「クソ飛びする」V字スイング理論!ホームラン量産の極意
柳田悠岐選手「クソ飛びする」V字スイング理論!ホームラン量産の極意 2017/12/22
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=k9QPAeF_go4

V字のダウンスイングの部分

クーニン:
スイングの軌道とかは,アッパースイングでいこうとか,そういったのはありますか?

柳田選手:
アッパーとかじゃないんですけど,縦振りっすね.横振りにならないように.こう振ったら飛ばないんで縦振りっすね.ダウンスイングからアッパーです.こういう感じです.V字っすね.

柳田選手:
あとは,このV字スイングの軌道のなかで,ヘッドができるだけ下がらないように.これも多分結構みんな多分言うと思うんですけど,ここがどんだけこういういい形で当たっているかというのもすごい大事だと思います.この当たっている形で結構結果って決まると思うんで.ホームランになるか,ここはすごい大事だと思う.ヘッドを立たせる.

 このインタビューのなかで柳田選手が言っていることは,次の2点です.

  • ダウンスイングからアッパースイングして,V字スイングの軌道をつくる
  • ダウンスイングでバットを縦振りして,ヘッドが下がらないようにする

 この記事を読んで,最初はダウンスイングから入らなければいけない思った方がいるかもしれませんが,柳田選手のスイングを確認すると,ダウンスイングの入りにはなっていません.では,なぜ縦振りしてバットを立てることを意識するのかというと,慣性モーメントを小さくするためであると考えられます.選手は感覚で発言していることが多いので,真に受けてダウンスイングから入らないよう注意が必要です.ダウンスイング すると偏心衝突を起こしていまいます.

 「科学する野球」慣性モーメントを小さくする でも説明していますが,慣性モーメントを小さくするためには,前腕とバットの作る角度を小さくしなければなりません.バットが寝てヘッドが下がると,この角度が大きくなり,慣性モーメントが大きくなるため,スイングスピードを加速することが難しくなります.ですから,ダウンスイングを特に意識する必要はなく,スイングの始動から前足が着地するまでにバットを投手側に傾けていくことが重要です.

スイングに入る前にバットを投手側に傾け,前腕とバットの作る角度を小さくしている落合博満選手
回転半径が小さくなるので,慣性モーメントを小さくなり,スイングの回転速度を高めることができる
引用元:科学する野球・実技篇 p.45

V字のアッパースイングの部分

クーニン:
特に参考にされたバッターはいらっしゃるんですか?

柳田選手:
参考にしてるバッター結構いるんすけどね.結構メジャーリーガーとか見るんで.バリー・ボンズ.最短でヘッドを立たせてバーンって打った後,ステイバックするじゃないですか.そういうのを結構見てマネしました.最近はベリンジャー.

クーニン:
ベリンジャーは確かに似てるかもしれないですね.

柳田選手:
ベリンジャーもやっぱ,まあ一緒ですよね.打ってステイバックする.ステイバックできるというのは多分いいスイングできてるのかと思って.やっぱ,結構打ってすぐ走りたいとかなるじゃないですか,バッターって.それはもう絶対やんないようにというか.走り打ちはしないというか.こう入っていって当たって戻る.タイミングが合えばもう勝手に腰は回ると思います. 

  V字スイングのアッパースイングの部分は,「人の形で打つ」 動作を表します.柳田選手はバリー・ボンズ,コディ・ベリンジャー選手のステイバックを真似ることで,結果的に人の形で打っているようです.人の形で打つには,ステイバックするだけでは不十分で,ステップ脚の膝を伸ばして上体を後傾し,鋭く腰を回転する意識が必要となりますが,柳田選手の「タイミングが合えばもう勝手に腰は回る」という発言から,上体を後傾して鋭く腰を回してスイングしていることがうかがえます.

 「こう入っていって当たって戻る」の「こう入っていって」は,構えからバットを立てて慣性モーメントを小さくしながらバットを振り出していく動作を,「当たって戻る」は「人」の形で打っているので,インパクト後,体重が後ろ脚に戻る動作を示しています.体重が後ろ脚に戻るといっても,前足の着地はステップに伴う前方移動にブレーキをかける役割を担っているので,前脚に体重が完全にシフトしているわけではありません.

 尚,柳田選手がアッパースイングといっているスイングは,正しくは アップスイング になります.人の形で打つと上体を後傾して打つので,アップスイングになり,球道とスイングの軌道が一致 し,中心衝突で打つことが可能になります.

「人」の形で打つと前脚が残る

 上の引用から,再度ステイバックで打った後の部分を掲載します.

柳田選手:
ベリンジャーもやっぱ,まあ一緒ですよね.打ってステイバックする.ステイバックできるというのは多分いいスイングできてるのかと思って.やっぱ,結構打ってすぐ走りたいとかなるじゃないですか,バッターって.それはもう絶対やんないようにというか.走り打ちはしないというか.こう入っていって当たって戻る.タイミングが合えばもう勝手に腰は回ると思います. 

 「やっぱ,結構打ってすぐ走りたいとかなるじゃないですか,バッターって.それはもう絶対やんないようにというか.走り打ちはしないというか」という発言は,「人」の形で打つと体重が後ろ脚にかかるため,前脚が残るということを意味しています.打ってすぐ走ろうとしても,体重が後ろの残るため走ることができませんから,走り打ちはせずに,「人」の形で打つことを優先して,打った後前脚を残すということをいっています.

チョ・ウォンビン選手
「人」の形で打っているため,体重が後ろ脚にかかり,前脚が残る体勢になる.
打ってすぐ走ることができないので,柳田選手の「走り打ちは絶対しない」という発言につながる.
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=aAD42KYikds