アッパースイングとアップスイングとの違い

投手の投げるボールは上から下へ落ちてくる

ダルビッシュ投手の4シームの軌道(8/11対ダイヤモンドバックス戦,一塁側から)
引用元:ベースボール・サバント

 上図は,ダルビッシュ投手の4シームの軌道です(8/11対ダイヤモンドバックス戦,一塁側から).投手のリリースポイントと捕球する捕手のミットの位置を考えれば,当然,ボールの軌道は上から下へ落ちてくることになります.高めのコースよりも低めのコースのほうが,角度が大きくなります.

球道に対して上向きに交差するスイングの軌道がアッパースイング・球道に一致するスイングの軌道はアップスイング

正しいバットの軌道
引用元:https://improveyourhitting.com/knowledge/bad-hitting-cues/

 上図のSlightly up swing(少し上向きのスイング) では,球道とスイングの軌道が一致するので,「科学する野球」でいうところの中心衝突の条件の1つである 「仮想の加撃面に沿ってレベルに打つ」 を実現することができます.このスイングの軌道がテッド・ウイリアムズ選手のアップスイング(アッパースイングではない)です.
 Level swingでは,スイングの軌道が球道と下向きに交差し,中心衝突は求められません.Downward swingでは,Level swing よりもさらにスイングの軌道が球道と下向きに交差します.これがダウンスイングです.

 Upward swing では,Slightly up swing(少し上向きのスイング)よりもさらに上向きのスイングとなり,中心衝突は求められません.これが悪い意味でよく使われるアッパースイングです.

Upward swing(アッパースイング)
引用元:科学する野球・打撃篇 p.51
Downward swing(ダウンスイング)
引用元:科学する野球・打撃篇 p.51

 「科学する野球」のトンカチの加撃理論では,トンカチ(バット)でクギ(球道)を打ち込む(中心衝突させる)ために,トンカチのスイングの軌道をクギ(球道)に合わせなければなりません.Upward swing(アッパースイング)では,トンカチのスイングの軌道がクギが表す水平の球道と上向きに交差するため,偏心衝突を起こし,クギが曲がってしまいます.同様に,Downward swing(ダウンスイング)では,トンカチのスイングの軌道がクギが表す水平の球道と下向きに交差するため,偏心衝突を起こし,クギが曲がってしまいます.

 

テッド・ウイリアムズ選手のアップスイング

 「科学する野球」バットとボール(球道)とは90°で衝突させる-その2 で述べたように,テッド・ウイリアムズ選手は,アップスイングを行っていました.その根拠となるのは,投球されたボールは約五度下向きで打者に向かって飛来するから,これを打つには,少しアップスイングにしたほうが,投球の軌道とバットの軌道が一致している区域が長くなるという考え方です.  

テッド・ウイリアムズ選手のアップスイングとレベルスイングにおけるインパクトゾーンの大きさの違い
引用元:https://improveyourhitting.com/knowledge/bad-hitting-cues/

 テッド・ウイリアムズ選手のアップスイング(The Williams stroke)では,スイングの軌道と球道が一致するため,インパクトゾーンが大きくなり(Large impact zone),ボールに力を伝えることができますが,レベルスイング(The level stroke)では,スイングの軌道が球道と上向きに交差するため,インパクトゾーンが小さくなり(Small impact zone),ボールに力を伝えることができません.