テッド・ウィリアムズ選手がスイングする前に後ろ肘を後方に引く理由

テッド・ウイリアムズとケン・グリフィー・ジュニアに共通するバックスイング動作

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=3SVcdIBTETw

 最後の4割打者と言われるテッド・ウイリアムズ選手(終身打率 .344 )はスイングする前に後ろ肘を背面後方に引いています.この動作はケン・グリフィー・ジュニア選手にも見られます.この動作は正確にいうと,フライング・エルボーからスイングに入る動作 の第一動作であるバックスイング動作(後ろ肘をいったん下げ,下げた反動を利用して後ろ肘を上げる)にあたります.「後ろ肘(グリップ)をいったん下げる」が背面後方に引く動作で,その後ろ肘(グリップ)が上がっていきます.

 二人の大打者がなぜ同じ動作を行っているかというと,まず運動連鎖の利用という側面があります(https://89-j.com/baseball-kinetic-chain/),(https://89-j.com/baseball-kinetic-chain-2/).バットを速く振るには質量の大きい部位から始動して,小さい部位へと運動エネルギーを流す必要があります.そのためには,肘を先行させてバットを後方に残すいわゆるタメを作らなければなりません.フライング・エルボーからのバックスイング(第一動作)で肘を上げた反動を利用して肘を先行させてスイング (第二動作)します.

後ろ肘は捕手側ではなく,背面後方に突き出す

 それなら背面後方ではなく,捕手側に突き出せばよいと思われるかもしれません.しかし,捕手側に突き出すと背面後方に突き出すよりも肘が体から離れるので,肘の先行が不十分になります.また, 肘が体から離れると慣性モーメントが大きくなるので,スイングスピードも遅くなります.さらに,インサイド・アウトにバットを振るという点でも,グリップの位置はなるべく背面後方に保持し,体に引き寄せておく必要があります.肘が捕手側に離れていると,体を捻って肘を背面後方に近づけたつもりでも,体とグリップの位置は離れたままなので,バットが遠回りして アウトサイド・インのスイング になります.

 つまり, スイングする前にトップハンド側の肘を背面後方に引く理由は以下の三つになります.①運動連鎖を利用するため,フライング・エルボーからのバックスイング(第一動作)で後ろ肘(グリップ)を上げた反動を利用して,肘を先行させてスイング (第二動作)する.②慣性モーメントを小さくしてスイングスピードを速くする.③インサイド・アウトにバットを振る.