右投げ左打ちの限界-その2-右投げ左打ちの打者はボールを遠くに飛ばせない

右投げ左打ちの打者はボールを遠くに飛ばせない

 右投げ左打ちの限界 で述べたように,右投げ左打ちでは「ボールを強く打つ」,「ボールを遠くに飛ばす」という点で以下の問題に直面することになります.

  • インパクト後,非利き腕(左腕)でボールを押し込まなければならないため,左腕を強く伸ばしてボールに力を伝えることができない.
  • 投球動作の腕の振りを打撃動作に応用できない.

 右投げ左打ちでは非利き腕の動作がメインとなるため,まず右投げ右打ちのように利き腕主導の動作ができないというデメリットがあります.インパクトでも左腕でボールを押し込むことができませんから,左腕でボールを押し込む以外の方法でボールに力を伝える動作を新たに修得しなければなりません.要するに作られた左打者として投手に対応していくことが必要になります.

セントラル・リーグ 本塁打王 1950-2020
投打人数割合 %
右投右打3073.2
右投左打512.2
左投左打512.2
右投両打12.4
41
※右投左打の本塁打王は,掛布雅之(1979,1982,1985),バース(1985,1986),
ハウエル(1992),松井秀喜(1998,2000,2002),筒香嘉智(2016)の5人のみ.
※割合:小数第二位を四捨五入.
※引用元:ウィキペディア

パシフィック・リーグ 本塁打王 1950-2020
投打人数割合 %
右投右打2461.5
右投左打512.8
左投左打820.5
右投両打25.1
39
※右投左打の本塁打王は,ニール(1996),リー(1977),マニエル(1979,1980),
ブライアント(1989,1993,1994),小笠原道大(2006)の5人のみ.
※割合:小数第二位を四捨五入.
※引用元:ウィキペディア

 本塁打王を獲得した打者のうち,右投げ右打ち,左投げ左打ちの打者が占める割合は,セリーグでは85.4%,パリーグでは82.1%になっています.利き腕でないとインパクトでボールを強く押し込めませんから,当然の結果といえます.
 外国人選手の割合が大きく,両リーグを合わせると右投げ左打ちの本塁打王10人のうち,外国人選手が6人を占めています.バース,レロン・リー,ブライアント選手など右投げ左打ちの選手とは思えないほど非利き腕を上手く使っており,作られた左打者という印象は受けません.外国人選手がなぜ左投げ左打ちと遜色ないスイングができるのか,たまたま器用な選手が本塁打王になっただけなのか,理由についてはよくわかりません.

 本塁打 通算記録 上位50選手 2021年4月1日(木) 現在 * 2021シーズンの現役選手
順位選手本塁打
1王 貞治868
2野村 克也657
3門田 博光567
4山本 浩二536
5清原 和博525
6落合 博満510
7張本 勲504
8衣笠 祥雄504
9大杉 勝男486
10金本 知憲476
11田淵 幸一474
12土井 正博465
13ローズ464
14長嶋 茂雄444
15秋山 幸二437
16*中村 剛也424
17小久保 裕紀413
18阿部 慎之助406
19中村 紀洋404
20山崎 武司403
21山内 一弘396
22大島 康徳382
23原 辰徳382
24ラミレス380
25小笠原 道大378
26江藤 慎一367
27江藤 智364
28村田 修一360
29カブレラ357
30松中 信彦352
31掛布 雅之349
32有藤 道世348
33加藤 英司347
34長池 徳士338
35宇野 勝338
36*松井 秀喜332
37松原 誠331
38高橋 由伸321
39和田 一浩319
40新井 貴浩319
41広澤 克実306
42池山 隆寛304
43*バレンティン297
44前田 智徳295
45真弓 明信292
46田中 幸雄287
47*松田 宣浩287
48木俣 達彦285
49レロン・リー283
50藤井 康雄282
※赤字は右投げ左打ち
*日米通算507本塁打(NPB:332,MLB:175)
引用元:https://npb.jp/bis/history/ltb_hr.html

 400本塁打以上(上位20位)では,右投げ左打ちの打者は金本知憲(476),阿部慎之助(406)の2人のみで,300本塁打以上(上位42位)になると,小笠原道大(378),掛布雅之(349),松井秀喜(332),高橋由伸(321)がランクインします.実質的には日米通算507本塁打を打っている松井秀喜選手が,右投げ左打ちで最も成功した打者といえます.
 松井秀喜選手を除くと,500本塁打以上(上位8位)はすべて右投げ右打ち,左投げ左打ちの打者で占められています.インパクトで非利き腕を押し込めない,強く伸ばせないというとが長距離砲が生まれない原因となっています.