筒香選手はメジャーで活躍できるか-開幕戦でホームラン

 動画はMLB開幕戦の7月25日に筒香選手がトロント・ブルージェイズ戦で1号ホームランを打ったときのものです.

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=yDmB7hcNd1U

 結論からいうと筒香選手がメジャーリーグで活躍するのは難しいと思われます.なぜなら大谷選手のように 「人」の形 で打てていないからです.長距離砲として成績を残すためには,この打ち方は必須となります.

 筒香選手には「人」の形で打っていないマイナス面をカバーする特徴が三つあります.一つは後ろ肘を フライング・エルボー にしてバックスイングを行い,肘を先行させている点です.二つ目は 空手打法 でボールを打っていることで,飛距離が出る一因にになっています.三つ目はステップ脚を突っ張らせることによって,スイングスピードを速くしている点 (ステップ足着地後の第二動作) です.

 筒香選手はボールを打った後,体幹が前方に移動して,前足に体重が乗ります.これはステップの前方移動の運動エネルギーをステップ脚でブレーキをかけることにより,スイングスピードを上げる動作に利用していることを意味します.ただし,この打ち方では 「人」の形で打つ ときのように下肢のエネルギーを体幹,上肢へと流す側面は小さくなります.筒香選手は,この特殊な打ち方でNPBのなかでもスイングスピードの速い打者に数えられますが,MLBで活躍する選手の大半が「人」の形で打っていることを考えると,その不足分をカバーするのは困難であると推測されます.

空手打法 でボールを打つ筒香選手 引用元:https://www.youtube.com/watch?v=yDmB7hcNd1U

「人」の形にはなっていない 引用元:https://www.youtube.com/watch?v=yDmB7hcNd1U
前脚を突っ張らせブレーキをかけているため,体幹が前方に移動している.
ステップ足着地後の第二動作 を利用していないため,体重が後ろ脚に残らない. 
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=yDmB7hcNd1U