歪み理論

「科学する野球」の根幹をなす歪み(ひずみ)理論について説明します.

内部応力を利用して,投球腕とバットを加速させる

腰の捻りと回転は違う
 野球は投手が投げた球の力と,打者がバットに与えた力との対決から勝負が始まります.この球やバットという運動体に与えられた力を「動的の力(f)」といいますが,この力(f)は運動体の質量(m)と加速度(a)との函数ですから,これを公式で示すと,
f=m×a
となります.したがって,この力(f)を大きくするには,質量(m)と加速度(a)の相乗積の値を大きくすればよいわけです.
 ところが,質量(m)は,球もバットも一応一定しているから,加速度(a)を大きくすれば,力(f)は大きくなることがわかります.
 では,運動体の加速度を大きくするにはどうすればよいのでしょうか.
 球やバットに加速度を与えるのは,投手や打者の体の中の力です.この力を「静的な力」といいますが,この力は体を捻ることによって求められます.
 人間の体は,筋肉がゴムと同じような作用をもつ弾性体ですから,ゴム紐を引っ張ると元にもどろうとする力があるように,捻りを与えると再び元にもどろうとする力が体の中にできます.これを「静的な力」といって,その力の大きさは歪みの量ではかります.
 もっと一般的にいうと,どんな個体でも外から力を与えると,その固体内に歪みが起こり,外力と釣り合うための抵抗がその固体内に生じます.この抵抗力を固体の内部応力(歪み応力)といいます.
 だから,バックスイングで体に捻り(外力)を与えると,後ろ腰に内部応力が蓄えられます.
 そこで,球やバットに加速度を与えるために,バックスイングで捻った後ろ腰を捻り戻すと,後ろ腰に蓄えられていた内部応力が機動力となって,フォワードスイングに必要な前腰の捻りが強力に行われます.この前腰の強力な捻りによって,後ろにタメられていた投球腕やバットの振りが加速されます.
 ですから野球技術の巧拙は,球やバットに最大の加速度を与えるために,バックスイングでいかに巧く後ろ腰に捻りを与え,フォワードスイングでいかに巧く捻りの捻り戻しを行って,前腰に捻りを与えることができるかによって決まります.

引用元:科学する野球・投手篇,pp.41-42

 「科学する野球」でいう合理的な動作は,すべて歪み理論から展開されています.投球動作であれ,打撃動作であれ,体を捻ることによって生じる内部応力を利用して投球腕とバットを加速することが求められます.いかに巧く捻りと捻り戻しを行えるかがパフォーマンスを発揮するための大きな鍵となります.

回転では内部応力は得られない

 第一,腰の回転といっていますが,回転と捻りとは根本的に違うのです.
 図3の消しゴムの捻りとコマの回転をみるとわかるように,回転は回転軸ごと回転体が回るのに対し,捻りは一方の端を固定し,他方の端を回すと,その中間に「よじれ」を生じます.このよじれた部分に蓄えられた力が内部応力(歪み応力)です.体の中心でコマのように腰を回すと,腰が後ろに引けて,腰に内部応力が蓄えられません.だから,腰は捻るのであって,回転させてはいけないのです.体の真ん中の仮想軸で腰を回転させよと説かれた方がいましたが,実在しない仮想軸は,回転軸にならないので,どうして回転さすことができるのか,不思議に思うのだが,このように,日本の野球界では「腰は回転させるもの」というウソが常識として定着していることは残念なことです.腰の力は捻りによって生まれることを重ねて強調しておきます.

引用元:科学する野球・投手篇,p.43
引用元:科学する野球・投手篇,p.44 図3
引用元:科学する野球・投手篇,p.44
仮想軸では回転することはできない.体をコマのように回転させても,内部応力は蓄えられない.

次ページ:捻りを生むためには,一方の端(足)を固定し,他方の端(肩)を回さなければならない