誤審

大谷選手はどの選手よりも判定に苦しんでいる-誤審率の真相

大谷選手は他のどの選手よりもボール球をストライクと判定される被害に見舞われているとのことです.ベースボール・サバントでは,審判の判定と,実際のストライク,ボールの判定の数を確認できるようになっているので,大谷選手と本塁打王のタイトルを争ったブラディミール・ゲレロ・ジュニア選手,サルバドール・ペレス選手と誤審率について比較しま
2022.08.18
トミー・ジョン手術

トミー・ジョン手術に至る原因-内側側副靱帯損傷のメカニズムを解明

外反ストレスが作用すると内側側副靱帯に負荷がかかる 内側側副靭帯損傷とは  KOMPAS(慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト)の記載によると,野球肘は内側型野球肘,外側型野球肘,後方型野球肘の3つに分類され,トミー・ジョン...
トミー・ジョン手術

トミー・ジョン手術を受ける投手が急増-その原因とは?

トミー・ジョン手術が急増している事実  トミー・ジョン手術が急増している件について検索すると、色々な記事が表示されます。 Jon Roegeleの調査によると、1974年から2015年3月までにトミー・ジョン手術を受けたプロ選...
2022.08.01
筒香嘉智

体を開いたまま打つ筒香選手-オープンスタンス打法はMLBでは通用しない

他の選手が真似できない変則的な打ち方 2016年から成績は下降している 筒香嘉智 全盛期2016年から2021年までの打撃成績年度球団打率本塁打打点OPS2016NPB.322441101.1102017NPB.2842894...
2022.08.01
グリップの位置

グリップの重要性-グリップの位置でバットのタメとスイングスピードが決まる

グリップの位置はとても重要で,パフォーマンスに大きな影響を及ぼします.グリップの位置によってバットのタメ,スイングスピードが決まります.グリップの位置をどのように決めればよいかを解説し,間違ったグリップで打っている打者,正しいグリップで打っている打者を比較します.
2022.08.09
ブログ

ワキが締まることで得られる2つの利点

グリップが体から離れるほどバットをタメることができなくなる  打撃動作においては,肩を回してもバットをタメておくことが重要になります.バットのタメがないと,スイングする距離を確保できず,バットを速く振ることができません.肩を回しても...
2022.03.18
スタンス

スタンスと中心衝突との関係-スクエアスタンスが最もセンター方向に打ち返しやすい

スタンスの種類 オープンスタンス(左,図⑦),クローズドスタンス(中,図⑥),スクエアスタンス(右,図⑤)引用元:科学する野球・ドリル篇,p.127  スタンスの種類は,スクエアスタンス(図⑤),オープンスタンス(図⑦),クロ...
2022.02.26
柳田悠岐

柳田悠岐選手の打撃理論-V字スイングと中心衝突

柳田悠岐選手の打撃理論-V字スイング 2022年1月15日 投稿  qooninTV の「柳田悠岐選手「クソ飛びする」V字スイング理論!ホームラン量産の極意」という動画のなかで,柳田選手が語っている打撃理論について解説します....
空手打法

「科学する野球」「空手打法」を徹底解説

2022年1月1日 投稿  村上豊氏の理論から「空手打法」を解説します.目次の3までは「科学する野球」に沿った内容となり,難しく感じる方もいるかもしれません.  わかりにくいと思われた方は,目次の4から読んでいただくことをお勧...
2022.08.08
ラバーバンド効果

ウエイトトレーニングを一切しなかったケン・グリフィー・ジュニア選手-「打撃のカギ」は「ラバーバンド効果」

ウエイトトレーニングを一切行わずに特大ホームランを連発したケン・グリフィー・ジュニア選手の打撃のカギである「ラバーバンド効果」について解説します.日本では,まだあまりなじみのないフラーズですが,今後,新しい練習方法として打撃動作の改善が期待できると考えられます.
2022.08.18
タイトルとURLをコピーしました